memettoのレビュー! - 2013






2013年06月05日(Wed)▲ページの先頭へ
ワールドカップ最終予選 オーストラリア 対 日本
いよっしゃああ。
1点入れられてもうあきらめてたのですがギリギリの引き分け。本田が決めてくれた!!うれしー!!

結果はさておき、チームとして本田がいるのといないのとでは全然違うと思います。
特にオーストラリアのようにデカイチーム相手だと本田がいないと力負けしてボールを前線でキープできない。

“前線の本田にパス→本田がキープしている間に他が前線に上がる→パス”

これができなければ前回も書いたとおり日本は2軍なのです。
いまのところ本田の代わりはいません。
香川はいなくても相手に与える脅威が多少薄れる程度ですが、本田がいないと攻撃することすらままならない。プレミアに揉まれて香川のフィジカルが向上するか、他の選手が本田と同じプレーを出来るようになるか、いずれにせよ今の日本の要(かなめ)はやはり本田です。

昨日の本田は決して調子がよいわけではありませんでしたし、香川のほうがずっとキレていたと思いますが、やはり本田なくしてオーストラリア相手に優勢に試合をすすめられなかったでしょう。実際のところ点を取られた後半37分まではだいたいプランどおりの展開だったと思います。決定力のなさはアレですが。

まあとりあえずひと安心。一日遅れますが今日はちょっと豪勢な夕食にするか〜。



2013年05月28日(Tue)▲ページの先頭へ
維新の会の復活はあるか?
あんなに切れものだった日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長。
発言ぶれまくってもうめちゃくちゃ。民主党よりヤバそうにみえます。

何が原因かってやっぱり資金だと思います。
特に資金の出所が問題。弁護士や知事の給料は一般的にみれば当然高額ですが、日本を動かすほどの政党を運営するなら更に桁2つは必要でしょう。当然スポンサーが必要になりますが彼にそうそう大金を出す人がいるとは思えません。

悪ではありますが自民党の偉い人にお金を渡せば代わりに便宜を図ってもらえたのが自民党長期政権の礎。民主党も実際のところ同じです。ただし民主党は日本を虎視眈々と狙う周辺国からの資金援助が大きかったようでそれが国民に見透かされてエンド。まああんだけ韓流推せば子供でも分かりますわ。

話をもどして維新の会。
もともと維新の会は烏合の衆。
独力では選挙に出られないか所属する政党から公認が得られず維新の勢いを利用してどうしても選挙に勝ちたい人がかなりの部分を占めました。ちょっと履歴を洗えば元○○党がごろごろ。議員経験ない人たちもたいていは主流から外れて再起をはかる人たちばかり。そんな政治家としては一流には程遠い連中当選させるために大金出すほど金持ちは馬鹿ではありません。実際のところ台所事情は厳しかったのではないでしょうか。

で、そんな維新の会にお金を出せる人というのは“確たる目的を持っている人たち”。
竹島が欲しい国とか。『竹島を韓国と共同管理する』というアイデアは資金提供者と橋下市長の妥協策だったのかもしれません。お金出した側からするとハッキリと“竹島は○○のモノ”とか言って欲しかったのでしょうがそれ言ったら国民の反感買うの分かってますから本人としては資金提供して貰った上で国民の反感を買わない苦肉の策のつもりだったのかも知れません。

つーか本音で言ったんなら紛れもない売国奴ですわ。

しかし思惑が外れ国民の支持を失った今もうそちらからの資金提供も期待できません。自民党がポカさえしなければ民主党とともに消えゆく党です。あんまり自民党が強いのも過去の歴史から考えると微妙なんですけどね。









2013年03月27日(Wed)▲ページの先頭へ
ワールドカップ最終予選 ヨルダン×日本
本田長友のいない日本は2軍。

心配されていた中東の笛なんて無かったしフェアに勝負されて完敗ですね。今日の日本は確実にヨルダンより下でした。もうやりたい放題。アウェイとはいえ前回6−0で勝った相手にここまでやられるとは・・・。

これで本田のいないワールドカップ予選は3連敗(3次予選で北朝鮮、ウズベキスタンに0−1、そして今回1−2)。もう本当に早く帰ってきて欲しい。長友も。でも長友はともかく本田も調子悪そう。あの視力回復のレーシック手術ってやつはやめたほうがいいと思います。当然腕のいい目医者にやってもらったんでしょうが、アレはまだ技術的に完成されてない、というか医学にとって未知の領域があるように思えます。身内なら絶対にやめるよう説得した。自分にはレーシック手術を受けた瞬間が本田という選手のターニングポイントだったようにみえて仕方ありません。


それにしても香川は分からない。マンUでハットトリック決めたわけだし大した怪我もなく不調には見えない。1点返した場面は”らしさ”が出てたと思いましたがそれ以外はあまり機能せず。今回だけじゃなく日本代表の試合ではほとんど。ツボにはまると目を見張るプレーをするけどそれ以外は駄目駄目な非常にピーキーな選手の印象です。おそらく何ヶ月も一緒に練習して周囲との連携が熟成された状態で初めてその力を発揮できる選手ではないでしょうか。調子の良かったときの本田のように誰とプレーしてもそれなりのパフォーマンスを見せる選手とは違うようです。もっと一緒に練習する機会を持たないと駄目なのかも。

これで6月のオーストラリア戦までおあずけですね。視聴率的にはオッケーなのでしょうが、高笑いしてそうなテレビ局を想像すると石を投げたくなります。



   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年6月
           
           

アーカイブ
2006年 (5)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (17)
6月 (1)
9月 (10)
10月 (6)
2008年 (13)
1月 (4)
2月 (9)
2009年 (30)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (2)
2010年 (39)
1月 (1)
2月 (2)
6月 (12)
7月 (13)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (1)
2011年 (7)
2月 (1)
3月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
11月 (2)
2012年 (5)
5月 (1)
6月 (1)
9月 (3)
2013年 (3)
3月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
2014年 (1)
1月 (1)
2015年 (19)
12月 (19)
2016年 (282)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (24)
5月 (22)
6月 (22)
7月 (26)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (21)
11月 (24)
12月 (24)
2017年 (172)
1月 (21)
2月 (12)
3月 (16)
4月 (20)
5月 (23)
6月 (21)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (14)

アクセスカウンタ
今日:573
昨日:2,156
累計:1,239,780