memettoのレビュー! - 2010/08






2010年08月30日(Mon)▲ページの先頭へ
日本代表新監督にアルベルト・ザッケローニ氏
やっと決まりました。とりあえずひと段落。

私としてはワールドユースを3回も制覇したペケルマンに若手育成も含めてやってほしいと思っていたのですが・・・ちょっと残念。でも決まったからには応援します。


ただ、確かにビッグクラブの経験豊富でACミランの監督時にスクデッド取った実績のある監督とはいえ、ここ数年パッとした結果を出せず、就任と解任を繰り返していた人物。正直市場で売れ残った余り物の印象は拭えませんが、それだけに実績を出すことに飢えている・・・と信じたい。

イタリアサッカーには珍しい攻撃的なサッカーを好む監督ということで、試合そのものは面白くなりそう。イタリア以外での監督経験はないそうですが、日本に慣れてくれるといいですね。早く試合が見たい。



2010年08月25日(Wed)▲ページの先頭へ
ヨーロッパがやばくなってきた
円高が凄くなってきました。

特にユーロがひどい。よほどヨーロッパの経済が危ういということなのでしょう。ワールドカップで優勝したスペインですら失業率20パーセント超えてるらしいですからね。あの優勝パレードはすごい人でしたが、単にみんなやることなくて暇だったからという噂も。国としても財政破綻寸前と言われています。海軍の強さから一時は世界を支配していたとまで言われていたのに・・・。

ヨーロッパ主要国で財政破綻が特に懸念されているのは、スペイン、イタリア、ポルトガルあたり。うん、サッカーは強いけど真面目に働く人は少なそう。逆にドイツは頑張ってますね。最近ブンデスリーガがやたらとプッシュされてますが、そろそろまたドイツのサッカーが天下を取る時代になるのでしょうか。そんな中、香川はよくやっているようです。いい選手だとは思っていましたが、ここまで通用するとは。・・・・内田ェ・・・。


海外組の明暗がはっきりしてきたようです。

松井はようやくオファーが来た模様。
香川は今のところよし。
内田と川島はそろそろヤバイ。特に川島は開幕からずっと連敗ですからね。
本田はCSKAから出るのは難しそうです。スタメン外されてまで前列にこだわったことがアダにならなければいいですが。あともちっとチーム内の人間関係改善しないと。

Jリーグも赤字のとこ増えてるし大丈夫でしょうか。
代表監督なんかそんなに高給を外人にやらんでいいからその分Jリーグに廻しておくれ。あ、でもヴェルディと大分はいいから。彼らに金渡すのは焼け石に水というもの。杜撰な経営した役員連中にきっちり引導を下すべきです。



2010年08月19日(Thu)▲ページの先頭へ
新しい日本代表監督は誰だ?
日本代表監督、決まりませんねえ。

元ポルト監督のビクトル・フェルナンデスが最有力といわれてましたが、どうも駄目っぽい・・・。

もういいよ。
一億以上積んでゴネる監督ならやめといたほうがいいです。ヨーロッパで成功したからといって、全く環境の違う日本で成功するとは限りません。日本になじむことすら出来ずに金だけ貰ってトンヅラする可能性も否定できませんから。

あと、あまり外国からの借り物に頼りすぎるのもよくないかと。
監督の力量に差があるのなら、海外に学びにいく気概が欲しい。借り物ばかりではノウハウは日本にいつまでも蓄積されませんから。世界各国から知識をかき集めた明治時代の先人を見習えと。

直近の代表監督ならむしろJリーグで数年間で一番実績を出した人を選んだほうがいいと思います。選手が頑張って結果を出せば出世できるのと同じく、監督もJ監督から代表監督に格上げするシステムにすれば監督のモチベーションも上がるのでは。駄目ならJ1以下のチームに格下げみたいな感じで。所属クラブは嫌がるでしょうけど、それに見合うだけの移籍金を用意するルールを作ればむしろ歓迎する雰囲気になるかもしれません。



2010年08月09日(Mon)▲ページの先頭へ
ラモス「心あるお金持ちの人いないのかなあ」
心ある金持ちならヴェルディには投資しないでしょう。
金を大事にしている人間がドブに金捨てるような真似なんかするか。

つーか自分が金出しゃいいじゃんよ。バブル期にヴェルディから大金貰って六本木で派手に豪遊してたくせに、クチだけ出して自分の懐からはビタ一文だそうとしねーのな。
他人の金ばっか当てにする奴の言うことなんざ誰も聞かんわ。

まあそれなりの資産持ってる人でも、下手に金出して関わろうもんなら身包みはがされそうですし、読売の手垢がつきまくったクラブなんかおっかなくて手が出ないでしょう。可能性あるとしたらルール変えて外資やパチンコ会社に期待することくらいでしょうか。そうそうファンが戻ってくるとは思えませんけど。

せっかく日テレが撤退するときに借金清算してあげてもどんぶり勘定ですぐまた借金まみれになるような経営陣ですし、東京にこだわるあまり川崎のファンやサポーターをないがしろにしたことといい、これほど“自業自得”がピタリと当てはまる例はありません。

まあ三浦カズや北沢、前述のラモスらが身代切ってヴェルディを立て直そうとするなら話は別ですが“絶対に”なさそうですしね。逆に監督のオファーが来たらホイホイ引き受けそうですけど。

折りしも2012年の大河ドラマは“平清盛”。
Jリーグ創設時にはあれほど栄華を誇ったヴェルディがわずか20年足らずでこんなことになろうとは・・・。


2010年08月07日(Sat)▲ページの先頭へ
川島4失点・・・
やばい・・・

川口といい、どうして日本のキーパーは海外だと散々なんでしょうか。
それも4失点・・・orz

二部から上がってきたばかりのチームだからある程度は仕方ないとはいえ、4失点は印象悪い・・・。もともと守備力に不安のあるチームの助っ人として雇われたわけですけど、その不利をなんとかしてこその助っ人です。普通のゴールキーパーと一緒では雇った意味がありません。

そもそも移籍自体がちょっと短慮すぎたように思えます。ワールドカップでそこそこ活躍できたとはいえ、欧州からオファーがきただけで迷わず飛びついた印象。本人からすればチャンスを逃したくないという気持ちだったんでしょうが、これから先試合に出られるチャンスは巡ってくるのか・・・。


2010年08月04日(Wed)▲ページの先頭へ
CSKAモスクワ2−1スパルタク・モスクワ
パスが来ねェ・・・

オランダでは人間関係うまくいってたのに、どうもこのチームではまだ馴染めていない感じがします。

前に所属していたVVVはオランダの2部と1部を行ったり来たりしているチームで、その中では1、2を争うほどの飛びぬけた実力を持っていたためチーム内で認められるのも早かったのですが、さすがにロシアトップクラスでUEFAチームランキングが世界で17位のCSKAではそううまいこといきません。本来の実力はともかく「自分は本田より上」と思っている人間がゴロゴロしているのがCSKAです。

そんでもってワールドカップで2ゴール1アシストの活躍をした上にレアルマドリード希望を公言し、ACミランへの移籍話が出るとあっては「こいつ気にいらねェ」になっても仕方なきことかと。CSKAへのチーム愛はほとんどなく踏み台にする気満々なのがミエミエですからね。

まあ他の選手もそうですけど。みんな出たがってる・・・。
ロシアの冬が寒すぎるからですかね。
ただ、CSKAは出たいといってそう簡単に出してくれるチームではないようです。
クラシッチのように高額な移籍金設定されて出るに出れない状況になる可能性も非常に高い・・・。仮にそうなったら本田はどういう態度に出るんでしょうか。我侭通してチームと対立するか与えられた環境でベストを尽くすか・・・。目が離せません。


2010年08月03日(Tue)▲ページの先頭へ
熱闘甲子園
今年も熱い季節がやってきました。熱闘甲子園!
世界中見渡してもこれほど盛り上がる高校生のトーナメントは存在しないと断言できます。

なぜこれほどまでに盛り上がるのか?
その根底にあるのはやはり「大きな未来が懸かっているから」でしょう。
その頂点はやはりプロであり、その下に実業団、大学進学などが続きます。そもそも出場できるだけで一生自慢できますからね。

もちろんサッカーにもプロはあるのですが、まだプロの歴史が浅いこと、得られる報酬が野球ほどでないこと、またユースチームの存在が高校サッカーの存在意義を希薄にしていることなどからまだまだ人気は遠く及びません。バスケ、バレーは言うに及ばずですね。

肝心のプロ野球は人気低迷してますけど、高校野球を盛り上げるためにはどうしても必要であることは確かです。プロ無かったらここまで人生捧げようなんてだれも思いませんからね。

昨年は決勝の中京大中京と日本文理がものすごい試合をやってくれましたが、今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。とりあえずビールと枝豆と焼き鳥の仕入れは近々とりかからねば・・・。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年8月
       

アーカイブ
2006年 (5)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (17)
6月 (1)
9月 (10)
10月 (6)
2008年 (13)
1月 (4)
2月 (9)
2009年 (30)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (2)
2010年 (39)
1月 (1)
2月 (2)
6月 (12)
7月 (13)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (1)
2011年 (7)
2月 (1)
3月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
11月 (2)
2012年 (5)
5月 (1)
6月 (1)
9月 (3)
2013年 (3)
3月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
2014年 (1)
1月 (1)
2015年 (19)
12月 (19)
2016年 (282)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (24)
5月 (22)
6月 (22)
7月 (26)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (21)
11月 (24)
12月 (24)
2017年 (131)
1月 (21)
2月 (12)
3月 (16)
4月 (20)
5月 (23)
6月 (21)
7月 (18)

アクセスカウンタ
今日:2,014
昨日:2,051
累計:1,119,410