memettoのレビュー! - 2009/07






2009年07月16日(Thu)▲ページの先頭へ
デイリーヤマザキの脅威



最近私の住んでいるところのあちこちでデイリーヤマザキのコンビニができています。

私は普段からコンビニはセブンイレブンを利用しており、本が少なくATMがないデイリーヤマザキにはほとんど縁がなかったのですが、せっかく出来たことだしたまにはよってみるかと思って店内に入ったところ、なんか大型機械とそのそばで店員じゃなさそうな服装の人たちが作業している光景が。

よくよく見てみるとなんとパンを作っているとのこと。コンビニの中でパンを作る・・・。想像すらしたことありませんでした。

ちょっと興味がわいてきたのでパンコーナーに。まずパンが大きい。特にピザとか普通のベーカリーでみかけるものと比べるとかるく倍以上。具もいっぱい載ってます。そして安い。ちょうどおなかもすいていたのでさっそく購入。

車の中で食べたのですが、驚きました。

ヤマザキパンといえばスーパーに必ず置いてあり、子供のころからほぼ毎日のように食べていたうまくもまずくもない食パンのイメージですが、全然違っていました。

山崎パン・・・本気だせばこんなにうまいの作れたんですね。

まさにパン屋さんの強みを生かしたコンビニ・・・!
惣菜をつめあわせた弁当などと違い、他のコンビニには容易に真似ができないであろう専門商品だけに他のコンビニにとっては脅威だと思います。そのくらい味がいい。そして値段が圧倒的に安い。普通のベーカリーでは味と大きさは真似できても、値段は真似できないでしょう。タコスとかトルティーヤもふんだんに使ってますし。

いままでのディリーヤマザキに対する認識を改めました。
これからは利用することが多くなると思います。
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。





2009年07月10日(Fri)▲ページの先頭へ
知事が国政に口を出す


最近国政にくちばしを突っ込む知事が増えてきています。
代表格は大阪の橋下知事と宮崎の東国原知事ですね。

予算とかいろいろ国に言いたいことはあるでしょうけどちょっとやりすぎな気がします。二人とも個人的には好きですが。特に橋下知事はむしろ尊敬してるくらいです。

しかし知事は立場上支持政党がどうこうなんてあまりおおっぴらにいうべきではないと思います。どっちを支持しようがしこりが残る。

政党にとっては応援されて勝ったところでその時点で用済みです。もしかして応援したら恩返ししてくれるとでも?党内でそんな意見が出ようものなら「そんなことして何の得が?」と周囲からつっこまれてそれで終了ですね。

私なら当選した時点でシカトです。いろいろ口出ししてくるでしょうからね。そしてそれらの大半は自分たちに都合の悪いものである可能性が高い。別に利用価値があれば話は別ですが。

逆に応援した党が負ければ当然復讐が待っています。

つまりどっちころんでもいいことなし。

こんなこと第三者から見れば簡単に想像つきそうですけど、いざ当事者ともなるとこれがなかなか・・・

あと東国原知事の国政参加。それも総裁?首相?

ねーよwww

あんたの利用価値は宮崎アピールのための営業マン。過去に自分が何やったか忘れたの?あんた首相にしたら世界中から物笑いのタネになるっての。

二人とも自分の職務に集中してりゃ普通に尊敬されるし愛されるのに。
東国原知事のほうはようやく熱が冷めてきたようですが。

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。



2009年07月08日(Wed)▲ページの先頭へ
募金活動
以前はコンビニとかでやたらと地域のJリーグチームの宣伝とか見かけましたけど、最近はすっかり影をひそめました。チームブランドのスポーツドリンクとかも軒並み撤去の模様。

やっぱ売れないんでしょうね。味はポカリやアクエリアスに毛の生えたようなもんしかないですし。なによりむかつくのは「売り上げの一部をチームの運営費に充てます」みたいな表示。そんな余分な利益があるならもっと安くしろと。人が汗水垂らして稼いだ金を勝手にピンハネされているようでいやな気持ちになります。普通にアクエリアス買います、私なら。

コンビニではレジのところにも寄付金を募る募金箱が置いてありますね。1円とはいえ結構たまっているのをよく見かけます。

私はこういうのに金出したことありません。募金活動の9割は運営費になるといわれています。要するにほとんどは普通に他人の金になるというだけのこと。それを知っていてなお募金したいのならお好きなだけどーぞ。

無償の善意の気持ちがまったく無いではありません。ただだまされているようで気が乗らないからです。

一番分かりやすいのは24時間テレビ。ようするにテレビを通じて視聴者に寄付を募る番組ですが、その背後には出演者への高額のギャラと企業からの広告料。その額は寄付金の何千何万倍にも及びます。

本気で地球の裏側の見知らぬ人間に金を出したいのならまず自分とこから金を出せと。もちろん出演者はノーギャラで。あんな気持ち悪い番組ほかにありません。

あと送るんなら金じゃなく食料とか医薬品とか本当に必要とされるモノのみを出すべき。あとちゃんと物資がいきわたっているかをチェックし、感謝の言葉のひとつももらうこと。安易に金出すとろくなことになりません。金出した見返りにミサイルが飛んでくるとかほんとマヌケです。

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。



2009年07月03日(Fri)▲ページの先頭へ
スポーツ観戦
先日サッカーのワールドカップ出場が決まりましたが私の周囲ではほとんど話題にのぼりません。出場できるだけでもすごいことなのに。

とはいえ、私もサッカーはぜんぜん見なくなりました。クラブ世界一決定戦やCLもフーンて感じ。興味自体なくなってきています。

実はサッカーが日本で最盛期を誇っていた2000〜2002ごろでもサッカー中継を隅から隅まで見てたことはほとんどありません。日本代表の大一番くらいです。大抵はパソコンいじりながらチラチラみてるだけ。

だってつまんねーもん。ボールがあっち行ったりこっち来たりしてるだけ。これだけで90分過ごすのはむしろ苦痛に近い。まあそのせいでたまに起こる凄いプレー見逃してorz状態になるわけですが。

サッカーの本場イタリアでも視聴率や入場者数が減っているとのこと。無理もないなーと思いますけどね。いくらサッカー好きでもそろそろ飽きるでしょ。ネットがこれだけ普及してマラドーナやロナウド(クリロナじゃないほう)のプレーがいつでも無料で見れるんですから。

いかにセリエやリーガエスパニョーラが世界最高のリーグであろうと、常に目新しいものが見れるわけじゃない。いや目新しいプレーなんか年間つうじてめったに見れるものではありません。そんなもんのために何が悲しゅうて高い金払ってわざわざ見に行かなきゃならんのか。テレビでは味わえない臨場感を味わえるくらいでしょうか。

目新しいというのなら全中やインターハイの方がはるかに見るべきものがあると思います。特に県大会準決勝あたり。全国を掛けた死闘ですからね。誰一人本気じゃない奴はいない。

もちろんレベルはプロとは比べ物になりませんが、プロよりも選手個人の成長振りを見て取ることができることが大きい。この子が成長したらどんな選手になるんだろうとか親でもないのに未来を夢見たりできますし。

プロのスポーツ選手の未来なんか希望どころか失望させられることばっかりですからね。どんな名選手でもせいぜい行く末はよくて監督とかあるいは事業起こして社長になるとか自分にとってはどうでもいいもんばかり。まあそれでも明るい未来とかならまだましですけど、ニュースで話題になるほどの結末ですとよくない話ばっかりです。

とくに失望したのはやっぱりサッカーの中田。大金稼いだ名選手が晩節を汚す例は枚挙にいとまがありませんが、スポーツ以外の教育が足りてなくて湯水のように金を使い果たしたってんなら話は分かるんです。大金稼いでさらに欲かいて事業に手を出して爆死するケースというのなら。やっぱ若いころにちはほやされれば世の中舐めちゃいたくなるのも無理なかろうと。人間ですから。

中田だけは別だと思ってました。すごくしたたかで頭良さそうでしたもん。体脂肪率の維持とか筋トレとか自分にたいして凄く厳しいし。
引退したらサッカー以外でも事業家として大成功するんだろうなーと思ってたら・・・微妙ですね。いや、ちょっとまずいんじゃ?本人から見れば他人のしったこっちゃねーだろとか言いそうですけど、しったこっちゃあるんですよこちらとしては。プロスポーツ選手として観られることで稼いでいたんですから。都合のいいとこだけ見せようなんて世の中そんなに甘くありません。

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。



   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年7月
     
 

アーカイブ
2006年 (5)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (17)
6月 (1)
9月 (10)
10月 (6)
2008年 (13)
1月 (4)
2月 (9)
2009年 (30)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (2)
2010年 (39)
1月 (1)
2月 (2)
6月 (12)
7月 (13)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (1)
2011年 (7)
2月 (1)
3月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
11月 (2)
2012年 (5)
5月 (1)
6月 (1)
9月 (3)
2013年 (3)
3月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
2014年 (1)
1月 (1)
2015年 (19)
12月 (19)
2016年 (282)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (24)
5月 (22)
6月 (22)
7月 (26)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (21)
11月 (24)
12月 (24)
2017年 (131)
1月 (21)
2月 (12)
3月 (16)
4月 (20)
5月 (23)
6月 (21)
7月 (18)

アクセスカウンタ
今日:2,012
昨日:2,051
累計:1,119,408